店舗の所在地とブランドイメージの関係


 ブランドイメージとは、消費者やお客さんが、企業やお店などに対して抱いているイメージのことです。
企業名、お店の名前を聞いてぱっと思い浮かびやすいものであること、扱っている商品を思い出しやすいこと、そして何よりもいいイメージであることが重要です。

「○○といえば××」のように、すぐに連想されるようなものであるほど認知度は高くなり、同じ商品を買う場合にライバル社に差をつけやすくなるのです。

今はインターネットを利用した口コミに近い形の宣伝も効果を持ち始めていますから、自分の企業やお店に対してのいいブランドイメージをどんどん広げていくのは大切な企業戦略と言えるでしょう。

 店舗の所在地もまた、ブランドイメージに影響します。大きな都市に会社がある方が信頼できるような気がしますし、交通のアクセスがいい場所に位置していると、足を向けやすいことから身近に感じられ、その会社やお店を利用しようと思いやすくもなります。

 例えば新宿などは多くのお店や会社、オフィスが駐中する地域ですが、「そういう場所にあるのだから」というのを選択基準にする人も意外に多いのです。

This entry was posted in 【新宿周辺】貸店舗選びのポイント. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります