配線スッキリ!!OAフロア


 今はどんな企業もパソコンなどのOA機器を取り入れるのが当たり前ですが、たくさんの機械を入れると配線がごちゃごちゃになってしまうという問題があります。配線が床にたくさん露出していると掃除も行き届かなくて雑多な印象を持たれたり、実際コンセントなどにほこりがたまると火災の恐れもありますので危険です。

また、オフィス内で模様替えをする場合にもいちいち業者を呼ばなければならないこともあり、煩雑になります。

 OAフロアというのは、床を二重構造にし、床下に配線を通すようにした床の仕様です。ケーブルが露出しないので見た目がスッキリしますし、機器の位置を変えるときもずっとやりやすくなっています。パソコンなどが大量に必要な場合は、OAフロア仕様の物件を前提に探してみるのもいいかもしれません。

 ただ、床が二層になるので天井が低くなってしまうという問題点もあります。こうなると電源の配線がしづらくなることがあります。

配線を通す床も、あまり低いと電源タップが収まらない場合もあります。

This entry was posted in 【新宿周辺】貸店舗選びのポイント. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります